繰上返済手数料

不動産売却の手数料

不動産売却の手数料は以下のようなものがあります。

・仲介手数料
・司法書士への登記費用
・全額繰上返済手数料

【仲介手数料】
売買代金が400万円超の場合、
物件価格×3%+6万円 で計算できます。
課税業者の場合には、上記の金額に消費税額を
かけて算出します。

上記は速算式で、正式には以下の方法で計算します。

200万円以下の部分 5%
200万円超から400万円以下の部分 4%
400万円超の部分 3%

【例】
物件価格200万円の場合 
200万円×5%=10万円 消費税5%加算で105,000円

物件価格400万円の場合
200万円×5%+200万円×4%=18万円 消費税5%加算で
189,000円

物件価格3,000万円の場合
3,000万円×3%+6万円=96万円 消費税5%加算で
1,008,000円

物件価格1億円の場合
1億円×3%+6万円=306万円 消費税5%加算で
3,213,000円

【司法書士に支払う手数料】


次の2つの該当する場合のみ司法書士に依頼が必要です。

1、登記簿上に抵当権設定登記の抹消が必要な場合

登記簿上に設定されて(根)抵当権などが設定されている場合には、
抹消手続きが必要です。登録免許税は不動産1つにつき1,000円なので、
土地1筆、建物1つであれば2,000円になります。司法書士に依頼すると
1万円程度となるようです。

2、登記簿上の住所を現住所と異なる場合

登記簿上の住所と現住所が異なる場合には、所有権移転を行うために
現住所に変更登記する必要があります。なぜかというと、所有権
移転登記に必要な印鑑登録証明書、実印を押印した委任状の住所を
そろえる必要があるからです。そのため、現住所の住民票が
必要になります。司法書士に依頼すると5,000円~1万円程度のようです。

【全額繰上返済手数料】

住宅ローンの返済が残っている場合には、
全額繰上返済手数料が必要になります。

全額繰上返済の手数料は金融機関によって異なります。
0円のところから31,500円、52,500円などいろいろです。
ノンバンク系の金融機関では、全額繰上
返済額の1.5%ほどかかるケースもあります。

費用を支払うタイミング

1.売り出し時

・リフォーム費用(クロスの張り替え等)
・クリーニング費用

2.契約時

・仲介手数料(半金)
・印紙代

3.決済時

・仲介手数料(最終金)
・印鑑証明書代
(ローンが残っている場合)
・繰上返済手数料
・抵当権抹消費用
(登記簿上の住所が実際と異なる場合)
・住民票取得代
・住所変更登記費用

4.確定申告

・売却により利益が出た場合、所得税・住民税が発生します。
ただし、居住用の資産で要件を満たせば3,000万円控除が受けられたり、
税金が軽減される場合があります。

不動産売却の費用

不動産売却にかかる諸費用は4つあります。

1、仲介手数料
成約した際に手数料がかかります。

2、税金
契約書に貼付する印紙代、売却により利益が出た場合に所得税、住民税がかかります。

3、ローン諸費用
ローンが残っている場合には繰上返済手数料、抵当権抹消費用、
固定資産税評価証明書取得代、司法書士への登記費用がかかります。

4、その他
売却のためのリフォーム費用、引っ越し費用、印鑑登録証明書取得代、
登記簿上の住所が実際と異なる場合には、住民票取得代、
住所変更登記費用がかかります。