スポンサーリンク



「瑕疵担保免責特約」タグの記事一覧

瑕疵担保免責の特約がある場合の注意点

瑕疵担保免責の特約とは、具体的には次のようなものです。 <契約書の記載内容> 特約第●条(瑕疵担保免責) 第●条にかかわらず、売主は、本物件についての引渡し後の隠れたる瑕疵については、一切担保責任を負わないものとします。・・・

おすすめの建物検査会社をお伝えします

前回に引き続き、建物検査会社の 選び方についてお伝えします。   ■建物検査会社の規模は? 専業の建物検査会社と、 建築設計をしながら建物検査を行っている会社の 二通りがあるようです。   1人でやっ・・・

建物検査はどのような会社に依頼すればよいのか

「瑕疵担保免責で不動産を買う場合には、 売主側に費用負担を求めることが難しい」 ということを以前書きました。   そして、瑕疵担保免責の場合は購入前に対策が必要ということもお伝えしました。 対策としては ・瑕疵・・・

引渡し後に瑕疵が発見されたらどうなる?

瑕疵担保免責でもし引渡し後に隠れたる瑕疵が発見されたらどうなる? 瑕疵担保責任がない売買契約、いわゆる瑕疵担保免責で 築27年の一戸建ての売買契約を締結。 引渡し後に買主がリフォーム工事を行ったところ、 1階のサッシ周り・・・

瑕疵担保責任の具体的例とは?

瑕疵担保責任について、このブログでは過去に何度も 取り上げてきました。 今回は具体的な実例をとりあげてみます。 地中に過去の建造物の擁壁が埋まっていた! 家を建てるために、更地の土地を購入。 建築前に地盤調査をしたところ・・・

瑕疵担保責任を名目だけにしない方法

不動産の売買契約書には、瑕疵担保責任について 定められていることが一般的です。   簡単にいえば、新築なら主要構造部については10年。 それ以外は2年。 中古住宅の場合には、業者が売主ならば2年。 個人の方が売・・・

瑕疵担保免責特約の注意点

売買契約書に次のように定められていることが一般的です。 ———————————————————————————-・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ