地震保険

耐震診断しなければ50万円以下の罰金?

少し前の日経新聞の記事です。

———————————————————–
東急系4社、耐震診断事業に参入 都の条例受け

東京急行電鉄など東急グループ4社は
建物の耐震診断事業に乗り出した。
幹線道路沿線のオフィスビルやマンションなどが対象で、
耐震改修などと合わせ、一括してサービスを提供する。
東日本大震災で建物の耐震性への関心が高まっていることに加え、
東京都が来年4月から主要沿線の建物の診断を
義務化するため、需要が高まると判断した。

———————————————————–

どういうことかというと
都内の主要幹線道路に面している建物で
耐震性の低いものは、必ず対審診断をしなければ
ならなくなります。

理由としては、
いざ震度7などの大地震が発生したときに
耐震性の低い建物が倒壊したとします。

そのときに主要幹線道路がふさがれてしまうと
交通輸送機能が麻痺してしまう可能性があるからです。

ですから、事前に建物の耐震性を把握しておき
耐震性を確保する流れをすすめていきたいわけです。

東急グループさんのニュース

東京都は4月から義務づけられる耐震診断に
全額補助金(上限350万円)を出す見込み。

ということは、耐震性の低い建物の所有者は
実質無料で耐震診断を受けられるのです。
(申請が必要)

そこで東急グループさん。
さすが対応が早いです。

耐震診断 ⇒ 耐震補強提案 ⇒ 耐震補強工事 ⇒ バリューアップ工事

という流れをつくることができるわけです。

今後より建物の耐震性について問われる
世の中の流れになりそうです。

旧耐震の不動産価格も影響を受けるように
なる可能性もあります。

液状化リスクと地震保険

火災保険や地震保険は、あくまでも
建物に対してかけるものというイメージでした。

しかし、土地で液状化が発生してしまったりすると
ライフラインが断絶されてしまったりします。

結果として、不動産価値が
下がってしまいます。

建物と違い、土地を新しく作り直すことは
かんたんではありません。

これからの不動産選びにおいては
液状化リスク、地盤を意識して選ぶことが
常識になってくるでしょう。

なぜ、火災保険で物件金額は安いのか?

一言いうと、
「土地価格が入っていないから」です。

火災保険というのは、あくまでも建物に
対するものです。

土地は燃えません。

だから、査定価格と地震保険の価格に
金額が異なるわけです。

マンション地震保険と査定額の関係は?

査定価格と地震保険の価格の違いがあります。

査定価格=この金額くらいだったら売れるかな?という価格

地震保険の価格=火災保険の金額の最大50%

マンションの実例イメージとしては、
5,000万円の査定価格の時、
地震保険の金額は800万円だったりします。
火災保険の設定金額は1,600万円。

5,000万円
800万円
1,600万円

これだけの金額の差があります。

だから、火災保険や地震保険で設定する金額と
査定価格に差があってもおかしなことではありません。