レインズ

マンション査定の基礎知識 用語













用語集

簡易査定
・・・実物を見ないでネットや電話で簡易的に査定価格を出すもの

訪問査定
・・・訪問して査定価格を出すもの。通常はこちらが販売価格の参考になる。

オンライン査定
・・・ネット上で査定するもの。基本的には、簡易査定の一つに含まれる。

一般媒介契約
・・・売却依頼を任せる契約のこと。依頼する不動産会社を一社に限定せずに売却活動を依頼することができ、自分で見つけた買う人とも契約することができる。人気物件の場合には、一般媒介契約がオススメ。そこまで人気がない物件だと、熱心に広告してもらえない可能性がある。

専任媒介契約
・・・売却依頼を任せる契約形態のひとつ。依頼する不動産会社を一社に限定する。熱心に広告をすすめてもらえる可能性が高く、窓口を一つにできる。一般的には不動産売却依頼をするときには、専任媒介契約を締結を求められるケースが多い。

専属専任媒介契約
・・・売却依頼を任せる契約形態のうち、もっとも制限が強いもの。具体的には、不動産会社を一社に限定し、自分で見つけた買い主とも契約をすることができない(その不動産会社を通さなければ)

レインズ
・・・不動産会社(宅建業者)だけが利用できる不動産取引データベース。過去の成約事例や、現在の販売事例などをエリアごと、沿線毎に検索して調べることができる。

仲介手数料
・・・売買契約が成立したときに支払う手数料のこと。契約時半金、決済時半金の場合と、決済時一括で支払うケースが多い。まれに契約時に全額を支払うケースもあるが、現在ではあまり利用されていない。

一括査定サイト
・・・一度の物件情報や個人情報を入力するだけで、複数の不動産会社に査定依頼を出せるサイトのこと。

マンション査定の舞台裏

不動産会社にマンション査定依頼が入ってくると
まずはレインズで成約事例と取引事例をチェックします。

事例が見つかったら、チラシデータなどを参考にして
査定価格と販売戦略をまとめて提案書を作成します。

価格査定ソフトとして有名なものに
不動産流通近代化センターの
「既存住宅価格査定マニュアル」
というものがあります。

ただし、このようなソフトを利用して
査定をするケースは比較的まれです。
なぜかというと、実際の価格は周辺の取引事例で
決まってくることが多いからです。

ソフトを利用するともっともらしい理由付けが
されるのですが、買う側にとっては
「値段が高いか、安いか」のみがポイントとなります。
結果として、買う側にとって価格がどう見えるかが
重要になってくるわけです。

マンション査定は大丈夫?

「マンション査定は大丈夫か?」

と聞かれたら、「大丈夫」と答えます。
なぜなら、

マンション査定は、過去の取引事例が
不動産会社が利用するレインズというサイトえ
データ整備されていることが多いので
正確性が高いケースが多いからです。

一戸建ての場合は、参考になる取引事例が
少ないケースもあるので、
「不動産会社によって変わる」
とお答えしています。