希望価格にこだわったほうがいい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1150487_property_for_sale_3

もしあなたが不動産査定をして

売却するのであれば、

自分の希望金額を貫いたほうがいいです。

 

どういうことか説明しますね。

(これはマイホーム用物件の話です)

 

不動産の査定をすると

「この物件は●●万円です。」

と言われます。

 

たいていは査定書をもとに報告されます。

査定書には金額の根拠として、取引事例や

公示価格などが添付されます。

 

たとえば

「相場としては坪単価150万円ですので、

合計金額として4,500万円となります。いかがですか。」

となるのです。

ここまでが不動産会社の査定価格となります。

 

次に売主の希望売却価格があります。

 

不動産会社に相場として

4,500万円と言われたとしても

希望売却価格が5,000万円という場合もあります。

(希望売却価格が低いケースは比較的少ないです)

 

で、最終的にどちらの価格を

採用するのか?ということになります。

 

あえて言いますと

「自分の希望金額を貫いたほうがいいです。」

 

もちろん相場からかけ離れていると

すぐには決まらないかもしれません。

 

しかし、不動産というのは世界に1つしかなく

同じ不動産というものは存在しません。

 

ですから、買い手も1人いれば

それで話がまとまるのです。

 

相場なんて関係なく、買う側が

「欲しい」と思えば取引成立できるのです。

 

とはいえ、相場が坪150万円のところで

坪250万円とかで出すのはオススメしません。

あくまでも「ちょっと高いかな?」くらいが

ちょうどいいと思います。

 

やり過ぎるとさらし者になってしまい

ちょっと恥ずかしい状況になってしまいますので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください