スポンサーリンク



地元の不動産会社に頼みたくない理由

1158071_paper_emotions_-_sad

読者さんからご質問をいただいたので

返信内容を紹介させていただきます。

 

>はじめまして。
>おととし、Uターンしようと○○県に新築一戸建てを建てたんですが
>仕事の都合で、行けなくなってしまいました。

>まったく見通しがつかなくなったので、
>売却しなければなりません。
>物件がある近所の不動産屋とりあえず5件ほどに、
>査定書を作成してもらったのですが、
>やる気みられませんでした。
>(専任媒介である両手の仕事しかやらないような感じが、
>また良く知らない遠方の不動産屋にカギを預けるのも躊躇)

>仲介手数料、片手でも構わない、
>東京の不動産屋さんでレインズに載せてもらって、
>現場対応(オープンハウス)などを家族のものを
>地元に住まわせて、手出し1%物件としてして
>レインズに載せたら、地元の不動産屋さんたちは
>客付けしてくるでしょうか?
>また、素人が現場対応するにあたって、
>やるべきことや、ネガな部分があるでしょうか?

※多少言い回しを変えてます。

 

(僕の返信はここから)

>仲介手数料、片手でも構わない、
>東京の不動産屋さんでレインズに載せてもらって、
>現場対応(オープンハウス)などを家族のものを
>地元に住まわせて、手出し1%物件としてして
>レインズに載せたら、地元の不動産屋さんたちは客付けしてくるでしょうか?

 

物件自体の競争力次第だと思います。

 

立地、建物をみて価格的に相場と同等、もしくは

お得だと判断すれば客付けしてくるのではないでしょうか。

 

不動産業者はレインズを必ずチェックしていますので

紹介すれば決まると判断すれば客付けするものです。

 

それから東京の不動産会社にレインズに掲載してもらうというのは

そのエリアに支店があったり、Iさんと親しいというところに

頼めば可能かもしれません。

 

それ以外の不動産会社ではちょっとむずかしいかもしれません。

 

なぜなら、レインズの掲載するからには物件調査を行い、

電話での問い合わせ対応、重要事項説明書などを

作成しなければならないからです。

 

結果として、現場調査等の経費がかかるので

損得でみて引き受けるかどうかを判断すると思います。

 

基本的には地元の信頼できる(ここが難点かもですが)

不動産会社に依頼するのがオススメです。

 

それから手出し1%という表記はレインズの取り締まりが

昨年から厳しくなっているので告知するのは難しいかもしれませんね。

 

>また、素人が現場対応するにあたって、
>やるべきことや、ネガな部分があるでしょうか?

 

家族が見学などの対応をするのは特段問題ないと思います。

 

注意点を1点だけお伝えすると

・間違った説明をしないようとすること

です。

 

見学時には基本的には客付け側の不動産仲介会社が

案内をすると思います。

 

その際に何か質問をされても、不用意な回答は

しないほうがよいです。

 

後から「話が違う」となってしまうリスクがあるので、

不明点は後から伝えるというスタンスがよいと思います。

 

参考になるかわかりませんが、

僕もIさんと似たような経験があります。

 

僕は現在住んでいるところから離れた

栃木の所有物件を売却したことがあります。

 

不動産会社にいたので自分でレインズに登録して

集客をすることも検討しましたが、最終的には地元の

不動産会社に任せて半年程度で成約できました。

 

その理由は、反響対応や契約手続きなどを考えると

任せてしまったほうがよいと判断したからです。

 

地方の場合、物件価格が低いことも多く両手取引で

なければ仲介会社が動いてくれないことも珍しくありません。

 

両手目的になったとしても、きちんとお客さんと対応して

契約手続きをしてくれるところであれば

問題ないと思っています。

 

そのエリアの不動産取引の慣習によって

異なるかもしれませんが参考になれば幸いです。

無事ご売却できることを祈っております。

 

(返信ここまで)

 

あなたもご質問がありましたら

お気軽に送ってください。

メルマガ上でお答えさせていただきます。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ