スポンサーリンク



自宅を売却して住み続ける方法


自宅を売却して住み続ける方法を知っていますか。

この方法を「リースバック」といいます。

所有している自宅を不動産会社に
一度売却し、その不動産会社から
賃貸として家を借りることで売却後も
そのまま住むことができる方法です。

なぜ、このリースバックを使う人が
増えてきているのでしょうか。
答えは後半で。

普通の不動産売却との違い

通常、自宅を売却したら、
その家には住むことができません。
売却したら、次の住まいに引っ越しを
しなければなりません。

リースバックの場合は、
自宅の売却と同時に、
買主と賃貸借契約を締結するので
自宅に住み続けることができるのです。

リースバックのメリット

リースバックのメリットは

・まとまった資金を得ることができる
・今の家にそのまま住める

ということです。

どんな時にリースバックを利用するのか

・住宅ローンを返済が厳しい
・競売を回避したい
・事業資金などのまとまった資金が必要
・税金や借り入れを返済したい
・老後の資金対策として資金が必要

このような場合に、リースバックを
活用することができます。

リースバックの売却価格の基準は

リースバックの売却価格の目安は以下となります。

売却価格=市場価格×70%~80%程度

上記はあくまで目安です。
対象物件の種別や築年数、エリアによって
買取金額は差があります。

なお、物件によってはリースバックで
買取りすることが難しいようなケースもあります。

リースバックした家を買い戻す

リースバックを利用した場合、
賃貸している家を将来的に買戻す
契約をすることも可能です。

この買い戻し契約のことを
「再売買予約権」といいます。

あらかじめ再売買予約権をつけて
売買契約を締結することで、将来的に
買戻しをすることができるのです。

買い戻し価格の基準は

買戻し価格の目安は以下となります。

買戻し価格=売却価格×1.1~1.3

リースバックをする不動産会社が購入した金額に
諸費用や利益分を上乗せした価格となります。
当然ですが、自分が売却した金額よりも
高い金額で購入することになります。

買戻しをするときの注意点

買戻しを前提とするときには
リースバックの契約のときに必ず
「再売買予約権」をつけて契約をする
必要があります。

再売買予約権がないと
「買戻したい」と言っても
売ってくれない場合や
高い代金でないと買い戻すことが
できない可能性もあるので注意してください。

リースバックが使えない場合

・買取価格が安すぎる
・賃料を支払うことができない

買取価格が安かったらリースバックで
売却する必要はないです。

またリースバックでまとまった資金を得たとしても
住宅ローンなどの返済に充てることにより
毎月の賃料を支払うことが難しいときにも
リースバックを使うことがむずかしいです。

リースバックが利用者がなぜ増えているのか

一つは
「住宅ローンを支払えない人が増えているから」
だと思います。

住宅ローンを支払えないけれど、事情があって
家に住み続けたいと考える方がいるのです。

2つめは
「老後の生活費需要があるから」です。
老後に生活資金が不足した時に、リースバックを
することでまとまった資金を得ることができます。
その資金を生活費にあてることができるのです。

リースバックは不動産会社選びが重要

リースバックは、買い手となる不動産会社の
買取額、賃貸契約の条件、スタンスなどにより
対応が大きく異なります。

利用する際には、複数の条件を比較しながら
最適な選択肢を選ぶことをおすすめします。

特にリースバックを検討する方は
困っている方が多いので冷静な判断が
できないケースもあるので注意してください。

リースバックをしている不動産会社

元プロ野球選手の古田敦也さんがイメージ
キャラクターをしているハウスドゥという
会社がリースバックのサービスをしています。

売却価格や賃料のことなど、こちらからご相談ください。

                ⇒お申込みはこちらからどうぞ



読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ