解体時に近隣住民に影響を与えないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


解体する建物と近い建物があったり、近くに高低差があったり、擁壁があると解体するときには十分な配慮が必要になってきます。解体時にコンクリートを壊すときには、大きな振動が発生し、近くの家に何らかの影響をあたえてしまうことがあります。
解体業者さんの技術とコミュニケーション能力が問われます。

そのまま売るか、解体して更地にするか

あなたが売却を前提としているのであれば、解体作業のことはあまり考える必要がないかもしれません。なぜなら、建物を解体しないままで売却するのであれば、解体するのは買主さんとなるからです。

建物を解体して更地とするのであれば、ご近所さんに配慮したいと考える人は多いです。
今まで円滑に良好な関係を築いているからこそ、ご迷惑をかけたくないという気持ちになるのだと思います。

あなたが建て替えを前提としているのであれば、近隣にお住まいの方に十分に気を使う必要があります。なぜなら、解体のクレームが今後の建て替え時、引っ越してからの生活に悪影響を与える可能性があるからです。

「解体工事の時に騒音がひどくノイローゼになった。建て替えをするときには十分に気をつけてほしい」
「振動がひどく建物が壊れた。解体業者の説明も納得いかない。許せない」
「あんなに近所に迷惑をかけてお詫びもなく住んでいるのは問題がある」

できることであれば、住んでから気持ちよく住んでいきたいものです。

解体工事でよくあるクレーム

・解体工事に伴う振動
コンクリート基礎部分や地下施設があるときには特に大きな振動が発生します。
「震度5の揺れがずっと続く感じだ」と言っていた近隣の方もいるほどです。
振動によって建物が傾いたり、建物が被害を受けることもあるため、振動が大きくなる可能性がある場合
家屋調査(解体前の建物の状態を写真撮影などをして記録しておく)などを行うケースがあります。

・解体工事に伴う騒音
振動と合わせて騒音も発生します。
「ガシャガシャ」
「ドンドン」
「ガラガラ」
「ドーン」

とにかく大きな音がなります。
重機で建物を解体するとき、コンクリート基礎を解体するときは騒音が激しいです。
建物の規模によりますが、30坪程度の木造建物であれば1週間程度で解体は終わることが多いです。
近隣の方にとっては、その1週間が長く感じられるものだと思います。

・解体工事に伴う汚れ
ホコリが舞って洗濯物が干せない
車に汚れがついてしまう
道路が汚れる
解体作業に汚れはつきものです。
解体業者の技術力、そして近隣に対する細かい配慮ができるかの力が問われます。

・解体工事に伴う境界標のズレ
解体工事に伴い、境界標が動いてしまうことも多くあります。
きちんとした解体業者であれば、あらかじめ境界標が動かないように対策をとった上で工事を進めます。
どうしても境界標を動かしてしまう可能性がある場合には、事前に測量会社などと連携して
境界標の位置を復元できるように対応することが正しい進め方です。

・解体費用と近隣対策の上手さ
解体費用が安かったけれど、作業する人の質がいまいちで近隣からクレームが多発する
ケースもあります。解体費用が最安値でなくても、信頼のおける業者に頼んだほうが安心できると思います。
もし迷ったときには、地元で信頼できる不動産会社などから紹介してもらうなどして
「一度限りだから適当でも大丈夫」という業者は避けることをおすすめします。
近隣クレーム対策のスペシャリストがいる解体業者は頼む側からすると安心できます。

不動産売却で騙されない方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください