スポンサーリンク



不動産会社が高い価格査定を出す理由

不動産売却査定で、某不動産会社の査定価格が高すぎる理由についてです。これはなぜかといいますと、「高い査定価格を出したほうが売却を任せてもらえる可能性が高いから」です。

想像してみてください。あなたが不動産の売却査定をA,B,Cの3社に依頼したら
A社「3000万円」
B社「2900万円」
C社「3800万円」
となったらどこに頼むでしょうか。

たぶん、C社に依頼される方が多いのではないでしょうか。(ちょっと相場よりも高いような気もするけれど)「とりあえず依頼してみるか。」となるでしょう。一度売却の依頼をもらってしまえば不動産会社としては売却さえできれば必ず手数料が入ります。しかも、買い手を依頼を受けた不動産会社が探したら手数料は2倍になるのです。

そして、ここがポイントなのですが
査定価格からいくら価格が離れた金額で契約しても不動産会社としては、あまり影響がありません。

仮に3,800円で売却依頼を受けて、結果として3,000万円になってしまったとしても不動産会社としては大きな影響がないのです。

具体的に手数料で比べてみると3,800万円で売却したときの手数料 126万円。3,000万円で売却したときの手数料 約100万円。26万円手数料が減りました。

でも、買い手も同じ不動産会社が見つけたら3,000万円で売却したときの手数料 約200万円となるのです。ですから、値下げをしたとしても、買い手さえみつければ仲介手数料はそれほど減らないわけです。

というわけで
「不動産会社の最優先項目は売却依頼を受けること。」
そのためには
「実際は売れないような高い金額で査定することもOK」
という論理が成り立つのです。

売り上げ重視ということであれば一つのやり方でしょうが、騙すようなやり方だと思うので私はやりません。きちんとした根拠があれば・・・別でしょうけどね。これを「ズルイ」と考えるかどうか。あなたはどう思われますか?

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ