スポンサーリンク



「不動産売却」の記事一覧

自宅を売却して住み続ける方法

自宅を売却して住み続ける方法を知っていますか。 この方法を「リースバック」といいます。 所有している自宅を不動産会社に 一度売却し、その不動産会社から 賃貸として家を借りることで売却後も そのまま住むことができる方法です・・・

プロでも地面師に騙される可能性はあるか?

プロでも地面師に騙される可能性はあるか? 答えは 「騙される可能性はあります」。 ついにあの地面師が逮捕されました! 積水ハウスを巻き込んだ大型詐欺案件の 犯人が逮捕されました。 「地面師」所有者役 内覧に立ち会わず 別・・・

解体時に近隣住民に影響を与えないか

解体する建物と近い建物があったり、近くに高低差があったり、擁壁があると解体するときには十分な配慮が必要になってきます。解体時にコンクリートを壊すときには、大きな振動が発生し、近くの家に何らかの影響をあたえてしまうことがあ・・・

アスベストの懸念はないか

解体する建物にアスベストが含まれている場合には、アスベストの含まれている程度に応じて対策費用がかかります。 解体費の金額が高くなるということは売却価格に影響を与えるので事前に確認をしておいたほうがよいです。 ※あえて調査・・・

残置物の処分費はどれくらいかかるか

売却した不動産を引き渡すときに、建物内、建物外の敷地内にある残置物を 1)売主側で処分するのか 2)そのまま置いていくのか(買主側で対応) 売買契約時に決めておく必要があります。 残置物とは 残置物(ざんちぶつ)とは、不・・・

建物解体費はどれくらいかかるか

土地建物を売却する時には建物解体費用がいくらかかるのかを知っておきましょう。 建物の種類が木造、軽量鉄骨造、RC造なのか、建物の延べ床面積、前面道路の広さ等によって金額が変わります。 あくまで目安ですが木造延床面積30坪・・・

隣接地所有者とのもめ事はないか

不動産を売却する上でお隣さんともめ事がないかも重要です。 なにか気になることがあれば隠さずに不動産会社の担当者に伝えて 対策を講じたほうがよいです。 そもそも隣接地所有者ともめ事があるとなぜ困るのでしょうか。 境界確認書・・・

私道に持ち分があるか

私道であっても大丈夫です!売却はできます。ただ注意点がありますのでご説明します。 私道(わたくしどう)とは、個人や法人が所有している道路のこと。道路には都道府県、市区町村が所有管理している公道と個人が所有する私道の2種類・・・

敷地内に高低差はあるか

売却する物件に高低差があるときは注意が必要です。 高低差(こうていさ)とは 高低差とは、読んで字の如く、 高いところと低いところの差があることを指します。 敷地内に高低差があると、平地に比べて費用がかかるので売却価格は下・・・

不動産の売却一括査定で選ぶのはどの仲介会社?

あなたが売却一括査定を利用したときにどの仲介会社を選ぶのか? Twitter上でアンケートをしています。 Twitterをしている人は参加してみてください。 不動産の売却一括査定で選ぶのはどの仲介会社? — 不動産売買し・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ