1052428_22375092

建物診断が人気だ。

 

不動産購入時にプロに建物をチェックしてもらう

サービスのことだ。

 

建築の知識のない素人が

良し悪しを判断するのは大変。

 

今までは売り手側の情報だけで

買う買わないを決めるしかなかった。

 

数年前から新築マンション内覧会がブレーク。

テレビなどでとりあげられ、

「建築にくわしいプロに家をみてもらう」

ということを望む人が増えてきた。

 

■建物診断の負の要素

しかし、建物診断をすることで

問題になることもあった。

 

というのは、そのプロ自身の判断ひとつで

施工の良し悪しを判断されてしまうからだ。

 

「この物件は欠陥住宅ですよ。裁判をしましょう。」

 

とたいした建築の知識や現場のことを知らずに

お手軽に稼げると購入者の不安をあおるケースもあった。

 

結果、せっかくきれいに仕上がった室内が

目を近づけた10センチほどの距離でなければ見えないような

傷汚れの指摘の補修でひどい状態になったり。

 

なによりも「欠陥住宅を買わされた」と

不安でいっぱいの生活をおくる人も出てきた。

 

■建物診断=完璧ではない

建物は人がつくる。

建物診断も人がする。

 

判断にバラつきがあって当然なのだ。

建物診断は絶対正しいとは限らない。

 

ちなみに、建物診断をする人に資格制限はない。

最近では一級建築士に限ってサービスをしたり、

いくつかの民間資格ができたりしているけれど。

 

■信頼できるプロは誰なのか?

本当に信頼できるのは誰なのか、

僕が言えるのは、私が知っていて10年以上

建物の第一線現場で活躍している人だけだ。

 

当然のことながら、

僕の知らない素晴らしいレベルの人もいるだろう。

でも、それを判断する術を僕は持たない。

 

その人たちは人気があるため、いつも

予約がいっぱい。

宣伝もたいしてしていないのに

口コミによる紹介で依頼が続く。

 

だからというわけではないが、

どんな人でも仕事を引き受けてくれるわけではない。

 

だから、僕も誰でも紹介するというふうにはできない。

「もし、どうしても知りたい。」

という方がいたら問い合わせてほしい。

 

このメルマガの読者の方にだけ

特別にこっそり教えます。