スポンサーリンク



リノベ物件は買ってはいけません

不動産で儲ける基本原則は
「安く買って、高く売る。」です。

通常の商売と同じ。
マイホーム購入だろうと、不動産投資だろうと
同じことです。シンプルな原則。

不動産買い取り業者はいかに
相場よりも安く買えるかにこだわります。
たとえば相場で3,000万円のものであれば
1,500~2,000万円で買う。

そして、
徹底的に高く売ることにもこだわります。
リフォームなどで200~300万円かけて
3,000万円以上で売る。

高く売るために家具一式をデザイナーに
頼んでそろえたりします。

特に築30年以上のマンションなどでは
室内の見た目が新築と同等かそれ以上だったりすれば
値段が安い分だけ
「これは素晴らしい。お得かも。」と感じる方も出てきます。

リノベ物件の購入の判断ポイントは?

築35年の旧耐震物件。
買うべきかどうかは、まあその人が気に入るか
どうかに尽きます。

気をつけておく点としては
「次に売却するときにいくらで売れるのか?」
「借り手はつくか?」

ということは想定しておいたほうがいいです。

いくら内装が素晴らしくても同じマンションの取引事例が
出てくれば、売買価格は決まってきます。
同じマンション内の取引事例をチェックしてみて
大きな差がないほうがいいです。

相場 2,000万円前後のマンションで
3,000万円だとしてたら、どんなに中身が素晴らしくても
次回売る時には苦戦する可能性が高くなります。

よっぽどでなければ
こんなリノベ物件は買ってはいけません。

賃貸に出すときには、築年数が多少古くても
内装が良ければ決まりやすいと言えます。
ローン支払い額よりも家賃支払いが高ければ
いざという時にリスクヘッジができます。

※追記
リノベーション物件すべてを否定しているわけじゃありません。
高くても住みたいと思えれば、それでOKです。
趣旨としては、次回売却するときに売りやすい物件が
オススメという話です。

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ