スポンサーリンク



年収倍率でなく「手取額と総返済額」で考える

首都圏中古マンション価格、年収の7.42倍
 東京カンテイ(東京・品川)が25日まとめた2017年の首都圏(1都3県)の中古マンション価格の年収に対する倍率は7.42倍だった。倍率は5年連続で上昇し、16年に続き7倍を超えた。価格上昇の頭打ち感のある東京都や神奈川県の上昇は限定的だったが、価格水準の低い埼玉県や千葉県が100万円以上伸び、倍率を押し上げた。(2018/9/26 日経新聞

中古マンション価格は高止まり中です。
年収500万円としたら3,710万円。約7.4年分の年収ということになります。
でも、そもそも年収は額面ですから、実際の手取り額は減ります。

年収は額面、手取り額は別

仮に年収500万円でも社会保険料等が差し引かれますので、手取り額は年収よりも減ります。(給与取得者の場合)

借入額3,710万円 金利1% 期間35年の返済総返済額

3,710万円を金利1%、期間35年で借りた場合の総返済額は約4,398万円になります。
手取り額を仮に350万円として計算すると約12年分となります。

年収倍率 7.42倍 = 実質の手取り額倍率 12倍 

まるで表面利回りと純利回りの違いみたいです。
なんだかずいぶん印象が変わってしまいました。

年収倍率は参考に過ぎない

年収倍率はあくまで結果。参考情報に過ぎません。
平均的な年収倍率で買うからOKとか、オーバーしているからNGということでないです。
実際は人によって頭金の額も異なりますし、毎月支払える金額は変わりますので。
夫婦でダブルインカムならまた話は別ですからね。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ