スポンサーリンク



「一度液状化した土地は二度と液状化しない」 は本当か?

ある著名な経営コンサルタントの方が
「一度液状化した土地は二度と液状化しない」と
テレビでおっしゃっていたそうです。

そのような話を聞いたのは、私も初耳だったので
情報を集めてみたら、ゼネコンの五洋建設さんの
HPに参考になる質問がありました。

(ここから)

Q.一度液状化した地盤は再液状化に対する抵抗が増すと聞きました。
大きな地震で液状化被害のあった場所ではもう液状化対策を行う必要はないのですか?

(ここまで)

答えとしては
「再液状化の危険性が全くなくなったとは言い切れない」という結論のようです。
⇒ 詳細はHPをご確認ください

さらに、昨日5月30日に次のような記事が
asahi.comで掲載されていました。

(ここから)

■繰り返す液状化、150カ所で過去にも発生 研究者分析

東日本大震災で、東京湾岸などで被害があった地盤の液状化が、
全国約150カ所で過去に繰り返し発生、最大11回も再発した地域が
あったとする研究を関東学院大の若松加寿江教授がまとめた。
防災上、過去の発生を把握することが重要だと指摘している。

⇒ 詳細の記事です。 

(ここまで)

この情報からわかるのは、
「一度液状化した場合に、土地が締まることもあるが
 以前よりも液状化しやすくなる場合もある」
ということです。

液状化現象は
・地下水位が高いところ
・地盤の中に砂が緩く入っているところ
で起こりやすいので、

海岸近くの埋め立て地や、川の近く、過去によく川が
氾濫していた土地や、元々水田や沼があったところは
注意が必要です。

今後、液状化の可能性が高いエリアなどでは
通常の地盤調査に加えて、液状化の可能性を調べる人も
増えてくるのではないかと思います。

そうするとどうなるか?
今までほとんど不動産価格に影響しなかった
地盤強度や液状化のリスク、洪水の危険があるエリアの
物件価格は下落傾向になっていく「可能性」があると思います。

「可能性」を強調したのは、そういはいっても
取引現場としてはそこまで地盤どうこうという話は
出ていないからです。

もしかしたら、時間が1年、2年経てば、忘れ去られる
こともあるかもしれません。

個人的には、何事もなかったように忘れ去れることの
可能性のほうが高いようには思うのですが、
こればかりはわかりませんしね。

このブログを読んでくださっている読者の皆様には
ぜひ頭の片隅においておいて頂ければと思います。

今日の記事はいかがでしたでしょうか。
記事を読まれた方は、ぜひ「いいね!」を押してください。

『刀根慎一郎メルマガ』 (無料)では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
(ほぼ)毎日配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン『中古住宅をお得に売買する方法』 (無料)
(読者数4,000部、まぐまぐより配信中!)


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ