スポンサーリンク



物件価格を安くして契約条件を有利にする方法

1388610_30715085

不動産を買うときには

「価格をもっと安くできたらいいのにな。」と

思うことがあると思います。

 

そこで、今日は、物件価格を安くして、

しかも、契約条件を有利にする方法を

お伝えします。

 

物件価格を安くするにはどうすればいいのかというと

買付を出すときに希望の価格を書けばいいのです。

 

売主さんの希望条件について、売主さんの希望条件を

わかっている仲介の担当者さんの意見も大切ですが

それ以上に大切なのは、自分が買いたい条件を伝えることなのです。

 

例えば、ほとんどの人は買付を書くときに

仲介会社の担当者さんに

「値引きはむずかしいと思いますよ。」とか

「売主さんの機嫌を損ねてしまうかもしれませんよ。」と

言われると値引きをあきらめてしまいます。

 

そして、「気に入った物件だから仕方ないか。」とか

「値引き交渉はむずかしいだろうな。」と自分で

条件交渉をあきらめる理由を作ってしまうのです。

 

つまり、仲介会社から、もっともらしい理由を聞くことで

本来の希望条件をあきらめてしまうのです。

 

また、希望条件をあきらめてしまったことで

買った後から

「ダメでも価格交渉をしてみればよかった。」とか

「なんだか騙されたのではないか。」という気分に

なってしまうことがあるのです。

 

これまた、買付を出すときに遠慮をしたことで

なんだか損した気分になってしまいがちなのです。

 

そのため、物件価格を安くして、

しかも、契約条件を有利にするためには

「買付にとりあえず希望価格を書いてみる」

「買付に希望の条件を書いてみる」

ようにしたほうがいいです。

 

もちろん、価格や契約条件が希望通りに

なるとは限りません。

 

ときには売主さんに「売りたくない」と

言われてしまうこともあるかもしれません。

 

だとしても、

頼んでみなければ、良い条件には絶対になりません。

 

だからこそ、納得できる希望条件を

買付に書いたほうがいいのです。

無理だと思っても頼んでみたら、希望条件に

近づく可能性はあります。

 

僕の経験では、「絶対に条件交渉には応じない」

という売主さんはあまりいないです。

 

特に「自分は遠慮がちな性格だと思う」という人は

必ず希望条件をきちんと書くことをオススメします。

 

結局のところ、不動産の価格や契約条件なんて

「これが正しい」というものはなく、

買う側、売る側の双方で合意すれば、成立するのです。


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ