スポンサーリンク



サルでもできる掘り出しモノ物件をつくる方法

1100896_11569629

前回、前々回に引き続き、

「掘り出しもの物件」について

お送りします。

今回の話の結論は

「掘り出しもの物件は探すものでなく、生み出すもの」

ご自分で納得できる条件の物件をつくってください。

 

お宝物件を購入されるカリスマ大家さんたちは、

いったいどのように物件を探しているのか?

 

はっきり言って、彼等に「掘り出しもの物件」という

概念はあまりありません。

 

なぜなら、

「不動産は値引き交渉して買うことが当然。」

という考えを持っているからです。

 

ですから、「掘り出しもの」を探すというよりも

納得できる条件に変える=掘り出しもの物件を生み出す

というケースが多いのです。

 

■不動産の価格は需要と供給で決まる

不動産の価格は時価です。

 

不動産の場合、価格は表示されていますが、

値段が表示されていないお寿司屋さんの「時価」と同じ感覚です。

 

価格はあってないようなものですから、

売主側が了承すれば、どんな価格でも取引が成立します。

 

■カリスマ大家といわれる方達は総じて、

コスト意識が高く、無駄なお金は決して支払いません。

「値引きをして当たり前」

という感覚なのだと思います。

 

状況によって一概には言えませんが、

マイホーム購入は非常に高額な取引ですから

価格交渉、条件交渉するのは当然のことです。

 

■値引き交渉ができない場合

一部の地域では新規物件が出ないため

圧倒的な「売り手市場」なんだそうです。

 

買いたい人の割合に対して、

売り物件が少ない状況。

 

売り手が強い状況では、

値引き交渉は難しいかもしれません。

 

「別の方に売るから買わなくても結構です。」

と言われてしまうからです。

 

そのような場合には、

値引き以外で条件交渉を

してみるのも一つの方法です。

 

考え方ひとつで、どんな物件でも

掘り出しものにすることは可能です。


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ