スポンサーリンク



掘り出しもの物件を見つける人の共通点

1407429_11429437

「不動産に掘り出しものはない。」

その理由は、

もし掘り出しもの物件が出たら

「不動産会社が転売目的で購入してしまうから」

という話を前回お伝えしました。

 

■では、「掘り出しものを見つけるのは無理なのか?」

というとそうではありません。

 

今までに僕が出会った人たちの中には

「掘り出しもの物件」を取得した人もいます。

 

今回は掘り出しもの物件を取得した人の

共通点をお伝えしたいと思います。

 

■掘り出しもの物件を見つけるポイントは2つ。

1、不動産会社よりも早く情報を入手すること

2、売買価格に反映されていない情報を入手すること

 

それぞれ簡単に説明しますね。

 

■1、不動産会社よりも早く情報を入手すること

市場に出回るよりも早く情報を入手することです。

具体的には、友人や知り合いから直接

「家を売る」

という話をきいて購入するようなケースです。

 

知り合いから買えば

お互い仲介手数料は不要になります。

 

もし仲介会社に媒介依頼したとしても、

買う人、売る人が決まっていれば

仲介手数料を割引してくれることも可能です。

 

知り合い同士の場合には、

相場よりも安い金額で

「信頼している知り合いに売りたい」

という方もいます。

 

これぞ、まさに掘り出しもの物件といえると思います。

 

■2、売買価格に反映されていない情報を入手すること

売買価格に反映されていない情報、

たとえば

 

「築年数の割に建物内部が傷んでいない」

「建築図面や修繕時の記録が整備されている」

「マンションで管理組合の修繕積立金が潤沢」

「隣地の土地がどうなるのか知っている」

「売主が売却する本当の理由を知っている」

 

などを知っていれば掘り出し物になる可能性があります。

 

不動産会社が価格査定するときには

主に駅からの距離、築年数、金利の坪単価などを

根拠にします。

 

そして、それ以外の情報は

価格にほとんど反映されません。

 

ですから、

価格に反映されない物件の長所を知ることによって

コストパフォーマンスの高い物件を入手する

ことが可能になるのです。

 

 

■掘り出し物件をつくる

投資家さんの中には、

不動産会社も購入しないような

ボロボロの木造アパートを格安で買ってから

リフォームをして蘇らせる手法をとっている方もいます。

 

考え方としては、

「掘り出しもの物件を見つける」というよりも

「掘り出しもの物件をつくる」というもの。

 

そのような意味では、

建物の修繕やリフォームを自分できる方や

リフォーム工事を安くできる方は、

掘り出しもの物件を生み出せる人といえます。


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ