スポンサーリンク



値引きがしやすい中古物件の3つの条件

1235157_16765716

値引きがしやすい中古物件には3つの条件があります。

それは次の3つです。

 

1.売り急いでいる

2.売り主さんがお金に困っていない

3.値引きする合理的な理由がある

 

あなたがもし不動産を買うのであれば

ぜひ販売担当の方に聞いてみてください。

 

■売り急いでいる物件は値下げできる

売主さんが買い換え条件で契約していると

値引きしやすいです。

 

なぜなら、自分の物件が売れることを

前提に新しい物件を買っているからです。

 

見た目にはわからないので、

売却理由を聞いてみるとよいです。

 

(あまりネガティブな理由は言いたがらないので

信頼できる不動産会社の担当者に見極めてもらう)

 

■売り主さんがお金に困っていない

先ほどとは逆なのですが

売主さんがお金に困っていない場合も

値引きがとおりやすいこともあります。

 

なぜなら、お金よりも縁を大切に

することがあるからです。

 

相場よりも高い価格で売りに出して

「売れれば儲けもの。でも、値引き希望が入ったら

安くても売ってもいい。」

ということも意外にあるものです。

 

■値引きする合理的な理由がある

値引きする合理的な理由がなければ

合意はしにくいです。

 

「とりあえず安くなれば買います」

というのは通用しません。

 

「●●の理由で、どうしても販売価格を●●に

してほしい。そうしてくれたら買います。」

と理由を明確にして、いくらだったら

買うのかという意思表示をすればいいのです。

 

■後出しじゃんけんはしない

条件交渉は1回でまとめるのがスムーズです。

多くても2回。

 

話がまとまってから、

再度値引きや取引条件の交渉をすると

売主さんの心象が悪くない可能性があります。

 

不動産は単なるモノではないので

取引相手と関係が悪くなると後々不都合が

生じる可能性が出てきます。

 

ですから、僕もたとえお客さんだとしても

きちんと約束が守れない人とは取引は極力しないことにしています。

トラブルの元になるし、他の人に迷惑が

かかってしまうからです。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ