不動産で成功する人と失敗する人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1359411_66535219

2012年あけましておめでとうございます。

「エキスパートとは、ごく限られた分野で、ありとあらゆる
間違いをすべて経験した人物である」(ニールス・ボーア)

成功の確率を高めるのは膨大な数の間違いということですね。
実体験に勝る教科書はなしということを実感した2011年でした。

で、今日(今年)のテーマは
「不動産で成功する人と失敗する人の違い」について。

不動産は安くても数百万円、
通常は数千万円する、多くの人とって
人生でもっとも高額な買い物。

まあよく言われるフレーズですよね。

ベンツ1台は余裕で買えるほどの金額。
世界10週はできるほどの金額。

そして、今の日本において
65歳以上のシニア層の8割以上がマイホームを所有しています。

ところが、この数千万円もの高額な不動産により
シニア層の家計の総資産の6割以上を住宅資産が占める
といった偏った資産形成になっているんです。

資産3000万円であれば、1800万円分が不動産。
5000万円であれば、3000万円分が不動産。
住宅ローンを利用しているのであれば、場合によっては

マイナスとなっていることもあるでしょう。

このように資産の大部分を占める不動産ですから、
どのような不動産を選ぶのかが大事なんです。

不動産で成功する人と、失敗する人で
どのような違いがあるのでしょうか?

「不動産における成功をもたらす違いは何か」
をテーマに2012年は発信し続けていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください