スポンサーリンク



もっと早く価格交渉すれば・・・

今日のテーマは
「価格交渉の手順」について。

5000万円の中古一戸建てがあったとします。
「4800万円なら買います!」というような
ケースですね。

どういう風にするかというと

買い付け証明書(別名 購入申込書)に
希望金額を記載して出します。

その金額に対して、売り主さんが
OKを出すか、NOというか、それとも
希望の金額との間をとるか、というようなことを
やるわけです。

契約時に価格交渉というのは特別理由がない限り
NGとされているので、価格交渉は申し込みの時点で
おこなう必要があるのでご注意ください。

で、価格交渉がうまくいくかどうか。
これは売る側が強いか、買う側が強いか
その時々で異なります。

ただ「とりあえず安くなりませんか?」といっても
なかなか通りません。(冷やかしと思われます)

「○○円まで値下げできたら買う」と
きっちりと買い付けを入れることが必須です。

それから話はちょっとずれますけど
人気エリアで希少価値のある物件ですと
「買い上がり」ということもあります。

売り出し価格は5000万円で
既に申し込みが入って2番手の時。
「5100万円で買いますので、買わせて下さい!」
と持ちかけることをいいます。

必ずしも通るわけではないですけど
可能性はあります。

どうしても欲しい物件が出て2番手になって
しまった時には買い上がるのも一つです。

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ