スポンサーリンク



インスペクションとフラット35適合証明書について

リニュアル仲介の事前インスペクションに立ち会ってきました。事前インスペクションとは、簡単にいうと建物診断のこと。

今回の目的は、フラット35Sを利用できるかを審査することでした。今回の対象物件は大田区にある鉄骨造3階建ての一戸建て。

調査をされたのは杉並区の建物調査会社の方。弊社がよく調査を依頼しているところで、お二人で年間220件以上も調査をされているそうです。

全国で1400の会社が加入している木造耐震の事業協同組合で年間耐震診断回数が全国5位という凄腕のところなのです。

シュミットハンマーでコンクリートの強度を調べたり、鉄筋探査機で鉄筋の有無と間隔をチェック。室内では、赤外線レーザーを利用しながら、床や壁の水平と垂直を調べて、大きな傾きがないかを調べます。

結論として、建物の精度も素晴らしく大きな問題もありませんでした。そして、フラット35を利用するための適合証明も発行できそうとのこと。

いや~よかったです。借り入れされる方の事前審査は通っていても、建物の審査がクリアできなければ意味がないので本当に良かったです。

※通常は物件がなければ審査は受けられないのですがリニュアル仲介の場合は物件が決まっていなくても金融機関の事前審査が受けられるのです。

今回は、さらに金利優遇を受けるためにフラット35Sを利用するためのリフォーム工事も併せて行う予定。リニュアル仲介という仕組みを使って、リフォーム費用も住宅ローンに含めて一括で融資される予定。売る人も買う人も誰もが喜ぶ仕組み。

話は変わりますが、リニュアル仲介は本日17:30から地デジ5Ch(テレビ朝日系列)のスーパーJチャンネルの特集でもとりあげられました(私はまだ見てませんが)

中古住宅の購入、もしくは売却をされる方はフラット35Sでリフォーム費用も一括で組めるリニュアル仲介をお勧めします。ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご相談頂ければと思います。

リニュアル仲介を利用して物件を買いたいという方はたくさんいらっしゃるのですが、あいにく利用できる物件が不足しています。不動産の売却を検討されている方がいたらご紹介していただければと思います。リニュアル仲介利用可となるだけで、かなり売りやすくなると思います。(売却価格もあがるかもしれません)

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ