スポンサーリンク



大きな失敗をしたほうがいい理由

315

失敗が人を成長させます。

 

先日、取引主任者として

重要事項説明書を説明してきました。

 

契約前の大事なタイミングなので

たいてい何かしらの質問が出ることが多いです。

 

「道路斜線ってどんな意味ですか?」

「新防火地域ってなんですか?」

「私道の中にある下水道は誰のものですか?」

「瑕疵担保責任とは具体的にどんなものですか?」

などなど。

 

10年以上、不動産売買契約の場に

立ち続けていると質問が来るポイントが

なんとなくわかってきます。

 

ですから、質問されそうなところは

あらかじめ説明してしまいます。

 

そうすると、質問される機会が

少なくなるんですね。

 

最近では

「何かおもしろい質問が出ないかな~」

と契約の場を楽しめるようになってきました。

 

不動産業界に入りたての頃は

わからないことだらけでした。

 

契約という重要な場で質問に

的確に答えられないと顔から火が

出るほど恥ずかくなります。

 

顔が熱くなって、いやな脂汗をかいて

契約の場の雰囲気も悪くなります。

 

「事前にもっと確認しておけば良かった」

と何度も恥ずかしい思いをしました。

 

でも、そんな失敗があったからこそ

「今度こそは・・・」としっかり準備できるように

なってくるのだと思います。

 

「失敗が人を成長させる」ということです。

失敗が大きければ大きいほど、

取り返しのつかないほどヤバいもので

あればあるほど、大きく成長できます。

 

と、偉そうなことを言いましたが

不動産について知らないことはたくさんあります。

 

PCBとか知らなかったですし・・・。

わからないことはすぐ聞いてしまいますけどね。

 

これからも、もっともっと

失敗できるようチャレンジしていこうと思います(^_^;)


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ