スポンサーリンク



建設業界にいる読者様からの生の声

メルマガ読者の方から
メッセージをご紹介します。

> 建設業関係に勤めているのですが、感じることがあります。
> 最近特にですが、凝りに凝ったデザインのものを
> 作る傾向があるなと感じます。
> 現場で強度が出るのかなーっと頭をひねるようなもの
> でも平気で発注してきますし、コストを下げるために
> 現場に無茶苦茶な要求をしてきます。
> 職務上あまり詳しくは書けませんが、昔の質実剛健な
> 建物の方が良かったのかなと考えさせられますね。
> (マンションでいえば築30年以上の建物とか、丁寧に
> 管理されているところであればまだまだ住めますもの。)

メッセージをお送り頂き、ありがとうございます。
コンクリート造のマンションなどのことでしょうか。
確かに最近の建物は複雑な形状のものが多い気がします。

本当はシンプルな形状のほうが施工ミスも少ない
建物をつくることができます。
極端に言えば、正方形で真四角な建物のほうが
いいんですよね。

旧耐震のマンションでもフラット35を利用できることが
あるのですが、その場合の確認ポイントが参考になります。

「平面形状が著しく不整形でないこと」
「セットバックが大きくないこと」

言葉ではいまいちイメージできないかもしれませんが
こちらのPDFの書類を見るとわかりやすいです。

シンプルな形状のほうが地震に
強いと思える根拠です。
複雑な形状であればあるほど、施工が難しく
維持修繕にお金がかかってしまいます。

しかし、有名建築家?の方たちはどうしても
インパクトのある凝ったデザインをつくりがちです。

「意匠(いしょう)のほうは好き勝手できていいよな。
 つくるほうは大変なのに。あいつらはわかっていない。」
と言ってました。
※意匠というのは、デザインのような意味です。

まあ建築業界では、設計する側と、施工する側が
わかれていて、両者の仲はあまりよくないことが多いようです。

それから、、、

> 職務上あまり詳しくは書けませんが、昔の質実剛健な
> 建物の方が良かったのかなと考えさせられますね。
> (マンションでいえば築30年以上の建物とか、丁寧に
> 管理されているところであればまだまだ住めますもの。)

長くなってきたので、明日に続きます。

今日の記事はいかがでしたでしょうか。
記事を読まれた方は、ぜひ「いいね!」を押してください。

『刀根慎一郎メルマガ』 (無料)では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
(ほぼ)毎日配信しています。

↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン 『中古住宅をお得に売買する方法』 (無料)
(読者数4,000部、まぐまぐより配信中!)


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ