スポンサーリンク



33%の仲介手数料を請求されたというご相談

物件価格の33%の手数料を
請求された方からの相談がありました。

この話に入る前に
不動産仲介手数料のご説明を簡単にします。

不動産の仲介手数料は宅建業法に基づき
上限が決まっています。

物件価格1,000万円であれば
378,000円の手数料となります。

価格が3,000万円であれば
1,008,000円。

5,000万円なら、1,638,000円。
1億であれば、3,213,000円。

物件価格が高くなるほど
「仲介手数料、高すぎない?」となります。

1億の物件でも、100万円の物件でも
基本的にやることは変わりません。
それどころか、100万円の物件のほうが
大変だったりするんですけどね・・・。

マンションですと、情報が整備されていることが
ほとんどです。
ですから、単に売って、買う人が見つけて
契約手続きをするだけで考えると
高いような気もします。

で、今回の本題。
手数料33%というのは、物件価格の1/3。
なぜ、こんなことになるのか?
考えてみてください。

答えは、次回に。
(引っ張ってすいません)

今日の記事はいかがでしたでしょうか。
記事を読まれた方は、ぜひ「いいね!」を押してください。

『刀根慎一郎メルマガ』 (無料)では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
(ほぼ)毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン 『中古住宅をお得に売買する方法』 (無料)
(読者数4,000部、まぐまぐより配信中!)

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ