スポンサーリンク



固定資産税を1/6にする方法

IMG_3696
固定資産税を1/6にする方法とは

住宅を土地に建てることです。

更地のままだと固定資産税が高いのです。

(正確に言うと、住宅用土地は優遇される)

世田谷区某所に土地をお持ちの方は

100坪で年90万円の固定資産税を払ってました。

そこにはただ桜の木があるだけ。

草刈り代などの管理費もかかるのに・・・。

持っているだけでは完全な負の資産です。

だから、更地は駐車場にして

固定資産税の支払いにあてるのです。

アパート経営を始めるのも同じ理由。

 

■古家付で土地が売りにでる理由

土地をさがしていると

築年数の古い家がたっているままで

売りに出ていることがよくありますよね。

更地ですぐに建物が建てられるほうが

売りやすいのになぜでしょう?

理由は

1.建物を解体する費用を出したくないから

2.固定資産税が高くなってしまうから

このどちらか、もしくは両方だとおもいます。

■建物解体費用の目安

建物を解体するにはお金がかかります。

一戸建てだと坪7万円位でしょうか。

建坪30坪だと210万円でしょうか。

 

RC(コンクリート)造だと坪10万円くらいかな。

30坪で300万円位が目安。

数百万円もの負担はやはり大きいもの。

ですから、かんたんに費用負担ができない

ケースもめずらしくないです。

 

■土地の固定資産税が6倍に!

それから、建物を解体して

更地になってしまうと固定資産税が高くなります。

住宅用の土地だと税金が安くなっているからです。

ですから、相場よりも高い金額で出して

売れるのに時間がかかりそうな場合には

結局高くついてしまうことになるからです。

建物を解体してなくなるので、建物分の

固定資産税はなくなるので実質的には

固定資産税が3倍位になるイメージですかね。

 

■1月1日の状態で判定される

ちなみに、更地か住宅用地かの判定は

1月1日時点の状態でされます。

ですので、

「年内に解体工事が終わればいいか。」

なんてやっていると、いきなり固定資産税が

跳ね上がることになりますから。

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ