なぜ、不動産屋さんは周りの売れ行きを気にするのか?

なぜ、不動産屋さんは周りの売れ行きを気にするのか?

理由は2つあります。

1つは、現状を把握するためです。
取引のトレンドを肌で確かめるためです。

「最近、お客様が減っている感じだけれど、
うちだけなのか?それとも他の会社もそうなのか?」

または

「続々と申し込みが入るな。これは全体的に取引が
 活発になっているのか?それとも、
 うち独自の何かのサービスの反響があがっているのか?」

など、自分の感覚とまわりのプレイヤーの情報を
重ねあわせてチェックするのです。

定期的に公示価格や都道府県地価などは発表されます。
でも、それらの情報は半年前のデータだったり
するので、最新の現状とは時差が生じます。

さらに、とりあつかうエリアも異なりますし
物件の種別も変わってきます。

ですので、自らのエリアの中で自分の位置を
把握するため感覚をリトマス試験紙のように
研ぎ澄ませる必要があるのです。

2つめは、
「最近、(物件)動いている?」というお約束の
会話となっているためです。

たとえるなら、
「今日の天気はどうかな?」
と朝、天気をチェックするようなイメージ。

「おはよう!」と
挨拶を交わすイメージに近い、頻繁に
交わされるやりとりみたいなものです。

子供の頃に試験前に
「おまえ、勉強したか?」
「やべ~全然してないよ。」
「おれもまったくやってない!」
なんて会話をしたことありませんか?

極端に言えば、まあそんなものです。
で、全然勉強していないと言っていたのに
テストで高得点だったということもあるのですが・・・
(不動産業界でも、そういうことがあります。
 本当のことは言わなかったり・・・)

まあ、そういうわけで本日も
「最近、不動産の動きどう?」
というやりとりが日本全国で
繰り返されているのです。

今日の記事はいかがでしたでしょうか。
記事を読まれた方は、ぜひ「いいね!」を押してください。

『刀根慎一郎メルマガ』 (無料)では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
(ほぼ)毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン 『中古住宅をお得に売買する方法』 (無料)
(読者数4,000部、まぐまぐより配信中!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする