スポンサーリンク



売り不動産が3倍にふくれあがっています

最近、感じたことをだらだらと。

北関東の某市のマンション市場ですが
3月時点での売り物件を10件とすると、7月時点で
30件以上になっています。

■ほとんど物件が売れていない?

価格は1,000万円以下、駅徒歩5分圏内の物件でも
価格を下げても決まっていません。

完全に買い手市場です。
このような状況ですと、おそらく物件価格の10%引きも
比較的容易なのではないでしょうか。

2月に「早く売った方がいいですよ。」
とアドバイスをしていたクライアントの方には
実際に無事売却できて改めて
「本当に良かったです。」と感謝されました。

■では、都心の人気エリアはどうか?

都心の人気エリアはどうかというと、
状況はガラッと変わります。

たとえば、杉並区阿佐谷。
なかなか物件が出ません。

こちらは売り手市場です。
価格交渉もほとんどできません。
買いたい方が順番待ちだからです。

■今度どうなるのか?

不動産業界の先輩に
「売れない物件はない。価格が下げれば決まる。」
と言われたのですが、2011年現在、その言葉は
通用しないことも出てきました。

築40年の3DKのマンションは150万円でも
ずっと売れていません。(350万円→150万円に値下げ)

エリアごとの不動産価格のギャップがどんどん
広がっていっています。

築40年以上、修繕積立金も少なくて、建て替えも
できそうもないマンション。駅から近いなどの魅力がないと
今後は相当厳しそうです。

今日の記事はいかがでしたでしょうか。
記事を読まれた方は、ぜひ「いいね!」を押してください。

『刀根慎一郎メルマガ』 (無料)では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を
(ほぼ)毎日配信しています。


↓よろしければ、チェックしてみてください。 
メールマガジン 『中古住宅をお得に売買する方法』 (無料)
(読者数4,000部、まぐまぐより配信中!)

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ