スポンサーリンク



お宝物件が売りに出ない理由とは?

今日は東京杉並の阿佐ヶ谷駅周辺のアパートの
調査をやってきました。

そこで気づいたのは築30年以上と思われるような
アパートでもぴかぴかに手入れされているものが
多いんですね。

外壁塗装もバッチリできてますし、防水関係も
きっちりやられているような雰囲気。
よくある●●荘というような木造で朽ちている
ような物件が少ないです。

なぜ、そうなのか?
ということを予測してみました。

投資物件ははローンの支払いも終えると
管理費、修繕費、固定資産税などを除けば
あとは稼いでもらうだけになります。

築年数が古くても立地がよくて
設備が新しければ、入居者は入ります。
賃料は需要と供給で決まるのですが、
ローンを払い終えた賃貸物件は強いです。

ローンを支払い終えても入居率は高くほぼ満室。
これぞ最強の資産運用と言えるのではないでしょうか。

地震リスクや室内での事故のリスク、滞納リスクなどは
ありますけれど、トラブルがない期間が長くなれば
投資金額を回収して尚稼ぎ続ける物件です。

そりゃあ、よっぽど現金が必要とか理由が
なければ売らないわけですね。

だからこそ、人気エリアになればなるほど
物件を手放す人は少なくなり、買いたい人が
順番待ちになっていくわけです。

不動産価格が下がりにくい理由も
こんなところにあります。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ