スポンサーリンク



おすすめの建物検査会社をお伝えします

建物検査会社の 選び方についてお伝えします。

■建物検査会社の規模は?

専業の建物検査会社と、建築設計をしながら建物検査を行っている会社の2通りがあるようです。

1人でやっているところから、中心となる会社が建物検査のとりまとめをして建物検査スタッフが数十人在籍しているところまでさまざまな会社があります。

どちらがよいか?ですが僕としては「規模の大小は関係ない」と考えています。結局のところ、検査をする人の実力によるところが大きいことが理由です。

■建物検査の費用の相場は?

サービス金額としては
新築マンション内覧会で5万円
新築一戸建て内覧会で8万円
中古マンション検査で5万円
中古一戸建て検査で10万円程度
が相場になっているようです。

■実績はあるか?

実績として数を公表しているところもあります。多いところは数万件というところもあるようですね。

数が多いということはそれなりにトラブル事例のノウハウも蓄積されているということですから、信頼度につながると思います。

とはいえ、やはり最終的には会社としての実績よりも「検査に来る人の実績」次第だと思います。もっというと数が多いこと=実績があるというよりも「紹介客の多さ」が本当の実力だと感じます。

■おススメの建物検査会社は?

前提条件としていろいろな建物検査会社が存在していて万人に対してここが一番良いかどうかは正直わかりません。なぜなら、他の会社がどのようなサービス内容なのか実際に受けていないのでわからないからです。

そんな中で、僕としては南勝一級建築士事務所をおすすめします。
南勝一級建築士事務所
nansho.png

理由は、
・代表の実績がある
・瑕疵保険調査もできる
・金額が抜群に安い
・実際に僕がサービスを受けたことがある(検査研修を受けました)

代表の方が、
・一級建築士
・ファイナンシャルプランナー
・宅地建物取引主任者
元現場監督をしていた経歴もあり、不動産取引の実務や建物の現場のことをよく知っていること。建物だけ詳しい、もしくは、不動産取引だけ詳しいという人はよくいるのですが、その両方という人は希少です。何よりも現在も自らが建物検査サービスを実施している、現場主義の人です。

■代表者=会社

建物検査会社は少人数で行っているところがほとんどですから、代表者のスタンスがサービスに大きく影響する傾向があると思います。建物検査専門の会社を見てみると多くのケースでは代表者は建物検査はやっておらず、広報的な役割をしているケースがほとんどだと思います。

innami-image
そんな中にあって、
南勝さんは代表の方が自らがサービスを行っている数少ない会社です。 それだけに受けられるサービスの枠は それほど多くないと思いますが、クライアントに 対して手厚く対応してくれると思います。
⇒ 南勝一級建築士事務所
もしあなたが不動産仲介会社にいるのなら この会社に検査を依頼してもよいと思います。

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ