スポンサーリンク



2012年の不動産業界ニュースのベスト3

1158074_paper_emotions_-_laughter

(2013年は不動産業界は笑顔の年?)

2012年の不動産業界で変わったこと。

2012年も終わりました。

不動産業界で何が変わったのか、

(個人的)ベスト3をご紹介します。

 

■1位 史上最低の住宅ローン金利

住宅ローン金利は過去最低のレベルまで

下がりました。

 

変動金利では0.7%。

35年固定でなんと2%を切りました。

5年前の10年固定の水準です。

 

2012年に住宅ローンを固定金利で組めた人は

得しそうな気がします。

変動金利を選んだ人は、、、

早めに固定に切り替えたほうが

よいかもしれません。(かも)

 

■2位 購入者の予算が減少

予算5,000万円⇒4,000万円

予算3,500万円⇒3,000万円

あくまでも現場での肌感覚なのですが、

マイホーム購入者の予算は減少していますね。

平均年収も減り、終身雇用も崩れてます。

日本を代表する企業と言われた

シャープやパナソニックでさえも危ない。

35年の長期のローンを組むわけですから

そりゃあ当然慎重にもなりますよね。

 

■3位 低価格の新築物件が主役に

住宅ローン金利は最低、予算は減少、

当然の流れとして低価格の不動産が主役になりました。

いわゆるパワービルダーの新築戸建てです。

新築なのに2,000万円台、3,000万円台と

中古価格と同等レベルです。

土地や建物面積が小さく

販売価格を下げるのがトレンドでした。

 

■2013年はどうなる?

政権交代がきっかけで

株価は急上昇、円安方向に潮目が

変わりつつあります。

不動産、建設関係の株価も急上昇してます。

REITも大幅上昇。

このままいけば、

住宅ローン金利は上がりそうな気配です。

不動産価格も下がる理由は少ないです。

(よほど売れない立地は別ですけれど・・・)

消費税の増税もありますので

2013年は不動産の取引が活発になると

思います。(希望的観測も込めて)


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ