スポンサーリンク



白黒コピー1枚200円というぼったくりでは?


今回のネタは実務ネタなので
不動産業者の方でないと難しいかもしれません。
ご容赦下さい。

つい最近、中古マンションの売買契約書を
作成するためにマンション管理会社に連絡しました。

売買契約をするためには管理会社から
管理組合の状態についての調査報告書を
取得する必要があるのです。

具体的には、修繕積立金がいくら貯まっているのか、
マンション全体で滞納額はいくらあるのか、
大規模修繕工事の予定、過去の修繕の履歴等が
記されています。

知っている人は少ないのですが
「マンションは管理を買え!」という言葉のとおり
この調査報告書にはマンションが今後どうなっていくかを
判断する重要なポイントが含まれているのです。

にもかかわらず、ほとんどの方は契約をするときに
簡単に説明を受ける程度でほとんど気にしてません。
まあ、良し悪しを見極められるスキルがある人が
少ないので仕方ありませんが・・・・。

■調査報告書1万円!?コピー1枚200円!?

で、話を戻しまして
これらの調査報告書の作成を管理会社に依頼すると
通常は費用がかかります。

その費用が管理会社によって異なってきます。
調査報告作成 4,200円
管理規約・使用細則写し 各1,500円
長期修繕計画表 無料
など、とにかく費用がかかります。

「ずいぶん高いな~」というのが
正直な気持ちです。

売買契約するときに必ず必要な書類ですから
もらわないわけにはいきません。
それを良いことに、管理会社の安定収益源に
なっているようにも思うのです。

ひどいところは、コピー1部につき
200円なんていうところもありました。
白黒なのに、カラーコピー並です。
(合計15,000円かかりました。)

これらの費用は不動産仲介会社が立て替えているので
一般方はほとんどご存じないかもしれません。

とりあえず売買を始めるときに取得しても、
契約が決まったのが3ヵ月後だったりすると
再度取り直さなければいけないのです。

ですから、不動産仲介会社はギリギリまで
管理組合の調査報告を取得しなかったりするのです。

■調査報告作成 管理規約写し 全て無料!

費用を徴収する管理会社が多い中で
調査報告書、管理規約写し、長期修繕計画表、
総会議事録、全て無料!という会社がありました。

イオンディライトという管理会社で
あのイオングループの管理会社でした。
ポリシーがあって、そうしているとすれば
本当に素晴らしい限りです。

今度イオンディライトのマンション管理部の方に
直接聞いてみようと思います。


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ