スポンサーリンク



パワービルダーの一戸建てが売れる理由

低価格帯の一戸建て分譲するパワービルダーの
勢いが止まらないです。

具体的には、飯田産業さんや一建設さん、
タクトホームさんなど。

今や新築一戸建ての供給数は彼らが引っ張っている
といっても言い過ぎではないのではないでしょうか。

地震などの影響で多少の落ち込みはあったようですが
未だ売れ行きは上々のようです。

なぜそんなに売れるのか?
というと、やはり価格が魅力だから。
中古一戸建ての価格とほとんど変わらない金額か
それよりも多少高い金額で新築が買える。

東京でも、2500万円以下の新築一戸建てが
たくさんあります。

レインズで東京の新築一戸建てで
2500万円以下のものを検索したら
500件近く出てきました。

立地が都心から離れれば、2000万円を切る
新築一戸建ても・・・。すごい時代になったものです。

年収が下がっていく中で、売れやすい価格は
下がっていっています。

パワービルダーの強みは、なんと言っても
建物を安く建てられるということ。
1000万円以下で30坪程度の戸建てを
建ててきます。

それで利益を出せるので、どんなエリアでも
供給ができる。

しかも、中古一戸建ての価格相場をみて
分譲価格を決めているので、相対比較で売れる
というわけです。

さらにもっと言うと、
新築一戸建てには両手狙いという概念が
ありません。

ですから、不動産仲介会社にとっては
とても売りやすいんですね。
このへんは改めてお話します。


スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ