スポンサーリンク



理想の中古住宅取引をパワービルダーが実践中?

何度かご紹介しているパワービルダーといわれる
新築一戸建ての分譲会社さん。

彼らの物件の売り方は不動産仲介でいうところの
理想の形だと思います。

なぜかというと
「とにかく早く高く売ることを優先しているから」です。

一般的な不動産仲介と比較してみるとこうなります。
通常、不動産を売却するときには不動産業者専用の
物件データベース「レインズ」に登録をします。

ここで物件を確認してから探しているお客様に
紹介する流れになります。

不動産仲介会社としては、預かっている売却物件を
自分達で見つけたお客様に買ってもらうと仲介手数料が
2倍にもらえる(両手仲介)という形にすることが可能になるのです。

すると、どういうことが起きるかというと
問い合わせがあっても「物件を紹介しない」不動産仲介会社が
中には存在するのです。(全ての不動産業者ではありませんが)

売り主さんにとっては寝耳に水。
まさか自分の物件がそんな風に扱われているとは
知らないでしょう。(気づくことはほとんどないと思われます。)

ですから不動産会社としては
他の不動産会社から問い合わせがあっても
「商談中」
「契約予定」
「お話が入ってます」
と言っておいて、自分達でお客様を探すわけです。

せっかく問い合わせがあるのに、あえて物件を紹介しない
というのは一般の方には、信じられない話かもしれません。
でも、これが不動産業界の慣習なのです。

で、話を戻して新築一戸建てを分譲する
パワービルダーさんの場合はどうかというと、、、

物件を紹介しないということはほとんどありません。
レインズに登録して、とにかく1日でも早く高く売れることを
最優先するのです。

実際に商談中だったとしても
「契約が1日でも早くできる方優先」
「ローン条項をつけずに買ってくれる方優先」
「値引きなしで買ってくれる方優先」
となります。

「不動産を早く高く売る」ことを目的とすると
これが理想の形ではないかと思うのです。

そのような意味で、中古住宅を売却するときには
パワービルダーさんは良い見本になります。
私が不動産の売却を任された時にはこのような意識で
売却活動を行いたいと思っています。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ