スポンサーリンク



パワービルダー6社統合の真の目的とは?

建物コレクション 現代住宅E

12月25日にパワービルダー6社経営統合が発表されました。

https://myhome-p.com/url/file/news1201.html
(日経新聞ニュース)

具体的には、一建設、飯田産業、東栄住宅、
タクトホーム、アーネストワン、アイディホーム。

ちなみに
パワービルダーとは、住宅を初めて買う人を
メインのお客として床面積30坪程度の新築戸建てを
低価格で販売するデベロッパーのこと。

■経営統合って具体的にいつ、何をするの?

2013年6月に契約締結、2013年11月に正式に統合する予定。

持株会社を設立し、統合する6社は完全子会社化。
結果として、現在上場している6社は上場廃止。

今回の発表は「検討を具体的に進める」
ということであって決定ではないです。

■なんで統合するの?背景は?

発表によると、背景としては以下の4点をあげてます。

①人口・世帯数減少による中長期的な住宅市場の縮小
②他業界からの戸建分譲市場への新規参入(競争激化)
③中古住宅リフォーム等のストック市場の拡大
④新興国の経済成長による新たな都市開発・住宅需要の拡大

要するに、
「今の業態のままで収益増はむずかしい」
ということですよね。

拡大路線は限界点が見えている、、、と。

新築戸建て、新築マンションの分譲業者の
誰もがうすうす気づいている新築市場の縮小化。
わかっちゃいるけど止められないのです。

それにしても行動決断が早い。

■統合の一番の目的はなに?

経営統合の目的はいろいろ書かれていますが
一番重要なのは
「スケールメリットを活かしたコスト競争力の強化」
に尽きると思います。

それでなくても安い新築一戸建てを、統合による
一括発注などでさらにコスト削減していく。

パワービルダーの一戸建ての建築単価は
坪30万、場合によってはそれ以下と言われてます。

30坪の建物でも900万円。

これ以上安くなると・・・坪20万円とかなるのかな。
わかりませんけど、統合によるコスト削減額は
既に見積もられているのでしょうね。

■統合によって私たちに何か影響あるの?

もし、シナリオ通り進んだら
パワービルダーの新築一戸建ては今よりも
安くなっていくかもしれません。

また何らかの理由で土地が高くなっても
建物単価を下げて、今と変わらない
低価格で新築一戸建てが販売されます。

■上場会社の統合なんで本当にうまくいくの?

普通は利害関係者が多いので、
むずかしいのかもしれません。
この手の話は壊れることも多いですしね。

でも今回はうまくいくのではないでしょうか。
なぜなら、6社とも飯田系の会社だから。
大株主をみると飯田氏一族の名前がならんでます。

■今回のニュースに思うこと

これ以上、新築一戸建てが安くなると
一戸建て分譲業者は淘汰されていくでしょうね。

そして、中古一戸建て価格も新築との
競争で安くなっていくかも。

パワービルダーの統合は
日本の住宅産業の救世主になるのか
それとも破壊者となるのか。

今後も不動産市場から目が離せません。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ