スポンサーリンク



言った、言わないの不動産トラブルを防ぐ方法

197

本当に重要なことについての質問は

メールで回答してもらうことをおすすめします。

 

なぜかというと

たいていの不動産トラブルは

言った、言わない、で起きることがほとんどだからです。

 

トラブルというのは

「○○と思っていたのに、実は違っていた。」

ということが原因となります。

 

たとえば

「公道と説明を受けたのに、私道だった」

「セットバックがないと聞いたのにセットバックがあった」

「越境がないと聞いたのに、越境していた」

「費用負担がないと聞いたのに、実はあった」

などです。

 

口頭で質問しても

「~だと思いますよ。」

と曖昧な回答になってしまうことがあります。

 

メールで質問をされると

適当な回答はしにくいものです。

きちんと調べて間違いのない回答をしようとします。

 

とはいえ、すべての質問を文章で

送るのは不可能です。

不動産に関する疑問は掘り下げれば

掘り下げるほどででくるからです。

 

だとしても

本当に重要だと思うことについては、

メールなどで回答をもらったほうがいいです。

 

いざトラブルが起きて

「○○と説明をされてたじゃないですか!?」

と言っても

「そんなことは言っていない。」

と言われたら、なかなか解決はむずかしいです。

 

もちろん既に信頼があって

「この人なら絶対に裏切ることはないだろう。」

という人であれば、いちいちメールで

回答を求める必要はないと思います。

 

ただ相手のことがよくわからないままで

重要な取引をすすめる場合には、細心の

注意をしたほうがいいです。

 

これは参考の情報ですけれど、

不動産会社によっては、間違った説明の

証拠となることがないように基本的には

会って話すか、電話で話すところもあります。

 

メールはアポイントや用件のみで

詳しい説明はしないというスタンスです。

 

どちらが正しいか、ということではなく

最終的には考え方によるとは思いますけれどね。

読者アンケートにご協力お願いします!
スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ