スポンサーリンク



問題を解決できる専門家は必ずいます

IMG_3728

先日から問題になっていた仮登記の抹消が

やっと完了しました。

 

そして、仮登記の抹消が完了したので

その土地の売却の契約の段取りができました。

 

仮登記があり売却ができないことが

発覚してから1年半。長かったです。

 

この1年半を振りかえってみて感じるのは

「問題を解決できる専門家は必ずいる。」

ということです。

どういうことかご説明しますね。

 

■解決まえでにかかった時間

仮登記があって不動産が売れないことがわかってから

ネット上で似たような事例がないか探したり、

いろいろな知り合いの専門家に解決方法を聞いたり、

してきました。

 

しかしながら、誰に聞いても回答としては

「有効な解決策はない。」

というものでした。

 

そして有効な解決策がないまま

何もしない1年以上が経過していました。

 

■不動産に詳しい弁護士に相談する

仮登記を抹消してもらう必要がある側から

「仮登記の問題をどうするのか?」

という趣旨の配達記録郵便が届きました。

 

そのため、もう一度だけ行動を起こし

一ヶ月前に不動産に詳しい弁護士に相談をしました。

 

その結果として、

有効なアドバイスを受けることができました。

そのアドバイスに基づいて行動したら

たった一ヶ月程度で解決することができたのです。

 

■なぜ、そうするのが一番よいのか?

その弁護士のアドバイスは

「確かにこちら側と相手側のどちらが

正しいかといえば、こちら側が有利だと思う。

明らかに相手側の過去のミスが原因の可能性が高い。

 

しかしながら

訴訟もできるが費用が最低でも50万円位かかる。

期間としては、最低半年はかかる。

そして、立証責任も訴える側にある。

 

損得で考えるのであれば、判子代を支払って

解決させたほうが得だと思う。」

 

とのことでした。

このアドバイスのおかげで方向性が定まり

迷いなく解決することができたのです。

 

■最良の解決策を提示できる人は必ずいる

今回の件で気づいたことは

「どんな問題にせよ最良の解決策を知る人は必ずいる。」

ということです。

 

自分は解決できなかったとしても、

解決方法を知る人を探せばいいのです。

 

僕が1年かかっても解決できない問題を

1日で解決できる人はどこかにいます。

 

ですから、

何か解決すべき問題があったら

とにかく専門家に相談する。

 

いつまで?

納得できる解決方法が見つかるまで!です。

あなたの希望のコンテンツを書いていきたいので、ぜひ読者アンケートにご協力お願いします!(30秒位で終わります)

スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ